独身で老後の費用 投資信託について

老後はささやかな年金生活では淋しいものがあります。
特に配偶者も家族もなく、一人身となると心配な方もいらっしゃるかと思います。

 

「老後の費用」と言っても、それはお金の使い方次第ですから、とりあえず毎日生活していける生活費を考えてみましょう。
もちろん退職金など頂いてある程度の蓄えはおありかと思いますが、できることならその蓄えはあまり使いたくないし、
退職金を毎月の生活費に当てていたらイザという時使えるお金がなくなってしまいますね。

 

投資信託

 

もし、ご家族もいらっしゃらなくて1人で生活するくらいなら、毎月の生活費を作れる方法をご紹介してみますので参考になさってください。
それは「投資信託」です。投資信託というと何だか損をしてしまうのでは、とお考え方も多いかと思いますが、
決してそんなことはないので、試しに少額から始めてみられると、その良さがわかって頂けると思います。

 

 

退職金の一部を投資して、その金額に応じて報酬というか利益というのか専門的な用語がわかりませんが、毎月いくらか頂けるというものです。
投資信託もたくさんの銘柄がありますので、銀行や証券会社に相談するとご自分に合ったファンド名を教えてくれ、
相談にものってくれますので、怖がらずに一度経験してみるのもいいのではないでしょうか。

 

働かなくても毎月多少のお金が入ってくるというのは、老後にはとても助かるものです。
投資したお金が必要な時は、いつでも解約できお金は戻ってきます。
ただ解約した時、戻る金額が投資した時より多少減ることもあります。

 

全て、基準価額というものに基づいているので変動がありますが、毎月頂く額と相殺すると決して損にはならないと思います。
あなたも少額から始めてみませんか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加